Log in

脊髄性筋萎縮症に関する治験

お子様が脊髄性筋萎縮症 (SMA) と診断された場合、そのご家族は数々の厳しい決断を迫られることになります。お子様にとっての最善の医療オプションを模索する中で、不安や混乱、怒り、悲しみといった感情が湧きおこるかもしれません。

SMA による心と体の御負担を考えると、これが終わりなき戦いのように思えることもあるでしょう。しかし、患者本人であるお子様、そしてそのご家族は、その戦いに果敢に挑む戦士です。

現在、SMA 治療における選択肢は限られており、SMA をもつお子様のご家族の多くが、治験への参加を検討されています。この治験は、SMA と診断された乳児と幼児を対象とした試験薬について、その安全性と有効性を評価するものです。

お子様が SMA と診断され、その選択肢として治験をご検討中の方は、ここをクリックすると本治験の詳細についてご覧いただけます。

治験実施施設:

日本では、

  • 東京女子医科大学
    さいとう かよこ
    03-3353-8111
    office.ba@twmu.ac.jp
    〒162-0054
    東京都新宿区河田町10-22
    東京女子医科大学附属
    遺伝子医療センター
  • 兵庫医科大学
    ふくはら やすひこ
    0798-45-6006
    chiken02@hyo-med.ac.jp
    〒 663-8501
    兵庫県西宮市武庫川町1-1
    兵庫医科大学病院

ご相談は東京女子医科大学附属遺伝子医療センターへTEL 03-5269-7569

対象となるお子様(

ここをクリック